子ふたり、母ひとり      ・・・・そして4人になってのあれこれ


by preciousmk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

8年です

パパが亡くなって8年。
当然ですが、小かったこどもたちも大きくなってきました。

また一年頑張らなくては、と少し気合いがはいるGWでした。
c0181461_21431546.jpg

[PR]
# by preciousmk | 2015-05-07 09:36 | 家族

2014も終わります

年一のブログ更新って、だめですね。
すみません。

今年もあと残り4分なので、少しだけ。

今年もいろいろありました。でも許容範囲内。
歳とともにこの許容範囲をでかくしていきたい。
来年もどんとこい。

[PR]
# by preciousmk | 2014-12-31 23:53

2013の終わりに

ブログから遠ざかってしまい、しばらく空いてしまいました。
すみません。


昨年の今日、忘れもしない12月20日。
娘が大変だったのを思い出します。

あれから1年。娘はがんばりました。母も踏ん張った。
葛藤、葛藤の連続でよく泣いた時期もあります。

あれから1年。皆でがんばってきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつ大事なご報告です。

今年の秋に再婚をしました。
予期せぬ展開にわたし自身も少々びっくりですが、幸せです。
毎日4人で家族でいられることに、嬉しさと感謝です。

子どもたちも一緒に家族になろう、と大きなものを背負う覚悟でわたしとっ結婚してくれた旦那さん。
わたしも自分の人生を惜しみなく、喜んで彼に捧げ、ついて行きたいとおもいます。



お父さんと呼べる人ができて嬉しくてたまらない息子。
戸惑いは隠せないけれど、大きな身体で照れながら時々甘える娘。


来年も大変なことは間違いなくやってくる。
どんとこいです。

そんな風に感じた今夜でした。


来年もよろしくお願いいたします。


c0181461_22403783.jpg

[PR]
# by preciousmk | 2013-12-20 22:41 | 家族

11歳の誕生日

3月は長女の誕生日。
最近は小さいころの誕生日とは違って、うれしいような、ちょっと寂しいような。
小さいころはただただ手がかかって忙しく、あっという間に一年が過ぎて、
ちょっとづつ自分でできることが増えて、いっしょに喜んで。
大きくなるのがうれしくて。

今年で11歳。春には6年生。
大人になる階段を一段上がっていきました。
そしてわたしの手からも一歩離れていったような。
そんな感じがしました。

でもそれでいいと思います。
子供は親を離れていつか歩んでいかないといけません。
それができる子になってほしい。
たくさんの人に会って、
辛いことも
楽しいことも
いっぱい経験して、
悩んで
もがいて
強くなってほしい。

一歩ずつ離れていって
もし振り返ったときは、安心できるように
いつもの場所で彼女の後姿を見続けていたい。
そしてまた前を向いて歩いていけますように。

母もまた強くならなければ。
c0181461_12512423.jpg



只今 インフルエンザにかかってしまった彼女と留守番中。
[PR]
# by preciousmk | 2013-03-19 12:52 | 家族

2012の終わり

あけまして おめでとうございます
今年も よろしくおねがいします

すっかりご無沙汰してしまい、すみません。。
昨年は予期せぬことがいっぱいで、こうして出来事を書き留める余裕がなく、常に頭の中でいろいろと駆け巡るものが。これでいいのか、そうするべきなのか、踏み出していいのか、、、ホッとする間もなく次々課題はやってくる。。そんな1年の締めくくりに大事件。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二学期終業式前日の昼。
子供たちが通う学校から一分毎に入る携帯への着信。
それに気づかず帰宅し、自宅でやっと電話を受けるわたし。
落ち着いて、淡々と説明する先生の声。

頭を打って意識がなくなり・・・救急車・・・
頭が真っ白になり、学校へ走る。
そんな、、、変なことを想像する。

どうか、お願いします。わたしのすべてを捧げますから、どうか助けてください。
何度も、何度もつぶやきながら、長女の笑った顔が頭に浮かぶ。

もう出発間際の救急車に乗り込み、視点が合っていない眼で
天井を見つめたままの彼女に声をかける。
反応がない。。。
彼女の手を握って黙ってしまった。わたしの心臓がバクバクしてくる。

時折いっしょに寝るときにする、彼女とわたしの間での確認作業がある。
握ると、握りかえす。口にするには照れてしまう、大好きだよ、の代わりに。
何かあったらこれでお互い確認できるね、って言ったこともある。

手を二回ギュ、ギュ、と握るのを繰り返してみる。
何度かすると微かに手を握り返してくる感覚があった。

よかった。

彼女の目から涙がこぼれ出した。
何度かわたしが拭く。
救急車のサイレンの音、伝う涙、
パパのことが過る。

きっと大丈夫、同じようなことは起きない、と自分に言い聞かせるように
彼女の手を強く握り余裕ありげに、大丈夫だよ、と笑った顔を見せてみる。

......................................................................................................................

10日間の入院。

外傷もなく、CT、MRIも異常なし。
特に大きな後遺症もなく、しばらく通院しながら経過観察です。

今は自宅で以前と何も変わらない彼女がいます。

ふたりでいた病室での10日間
静かなクリスマス

家族
幸せ
愛情
時間


いろいろ考え、感じた
大切な年末でした。

皆さんにとってよい一年になりますようにお祈りしています。
[PR]
# by preciousmk | 2013-01-06 09:40 | 家族